HGSEALED for Webサポート情報

更新日:2016/04/25

 


HGSEALED for Web Ver.4.0.0.0リリースのご案内

■公開日

 2016年04月25日(月)

■バージョンアップ内容 (Ver.3.2.2.6以降の対応内容)

1.Ver.3.2.2.6からの変更点
 主な変更点は以下の通りとなります。

 1)重要
  
a) Ver.3.0.0.0より、旧製品であるHG/WEB Defenderとの
   互換性がなくなりました。
   上記変更により、HG/WEB Defenderライセンスおよび
   <Param>タグの使用ができなくなります。


   ※サーバの設定変更が必要な場合がありますので、
     既にご利用されているお客様は、ご利用前にご一読
     をお願い致します。

   ※HGSEALED for Web VFSをご利用の場合は、Ver.1.3.0
     へのアップデートが必要です。
   ※HG/WEB Defenderのライセンスの場合は、
     HGSEALED for Web用のライセンス発行が必要です。

 b) 64 ビット版のWindows では、HGSEALED for Web Ver3.1.0.0 以降を
   インストールした後に、InternetExplorer 10/11 にバージョンアップしますと
   必要なモジュールがインストールされずに、正常動作しなくなります。
   64 ビット版のWindows をご利用で、HGSEALED for Web Ver3.1.0.0 以降に
   上げる場合は、先にInternetExplorer 10/11 に上げてください。

   ※付属のインストールマニュアル内にあります「9. バージョンアップ方法」に
    ついて、ご一読をお願い致します。

 2)対応環境追加及び除外
  a) Windows10環境を追加いたしました。
   ※Edgeには対応しておらず、Internet Explorer 11 のみ対応です。
  b)WindowsXP、Vista環境を対応環境より除外いたしました。
  c)Internet Explorer6/7を対応環境より除外いたしました。

 3)機能追加・変更
  a)サポートツールを更新することで、サポートのために取得可能な情報が増えました
   ある問題を修正しました。
  b)HGSEALED for Window のアプリケーションエラーがイベントログに出力される
   ことがある問題を修正しました。
  c)画面キャプチャ保護の対象となるソフトウェアを検出した時に、イベントログ
   に出力する機能を追加しました。
  d)Microsoft Windows Installer(MSI形式)のインストーラを提供開始致しました。
  同形式のインストーラはActive Directoryによる配信設定が可能です。
  尚、従来のInstallShield(EXE形式)インストーラ及びダウンロードインストーラ
  (CAB形式)も本バージョンでは引き続き提供しております。
  ※MSI形式インストーラの配信方法等については、ActiveDirectory開発元の
   Microsoft社までお問い合わせください。
  e)サイレントインストール方法が変更となりました。

 4)問題修正
 a)キャプチャソフトの検出時に出力されるファイルHGSFWWCTI.txtの
   出力順序を旧バージョンに合せました。
  b)Office スクリーンショット制御を無効化する機能を使用可能に修正しました
  c)Cisco Jabber 使用時、通常のキャプチャソフトとして認識されてしまう問題を修正しました。
  d)クリーン環境にインストール後、特定のソフトでキャプチャ可能な場合がある問題を修正しました。
  e)中国語繁体字版で保護ページ表示時に50103エラーが発生する問題を修正しました。
  f)NaviControl版にて、No. 51042のエラーが発生することがある問題を修正しました。
  g)ショートカットからInternet Explorerを起動するとアプリケーションエラー発生する問題を
   修正しました。
  h)Internet Explorer 8 にて、保護ページ表示時に、画面の[拡大][縮小]を変更するとキャプチャ
   制御処理が解除されてしまう問題を修正しました。
  i)HGSEALED for Windows が起動と終了を繰り返し、CPUへの負荷が高くなることがある問題を
   修正しました。
  j)特定プロセスと競合し、メモリーリークが発生する問題を修正しました。
  k)NaviControl版インストーラの仕様を変更し、キャプチャ制御モジュールをインストールしないように
   しました。通常版は従来通りの仕様となります。

 5)制限事項追加と解除
  ・制限事項追加
  a)タイトルバーの文字列が変化する場合の制限を追加しました。
  b)保護対象ページと非保護対象ページが混在する場合のFlash の制限を追加しました。
  c)リモートデスクトップ接続に関する制限事項を追加しました。
  d)Internet Explorer 9 以前のバージョンからInternet Explorer 10 / 11 へのアップデートに関する
   制限事項を追加しました。
  e)設定ファイル及び内部仕様の非開示に関する制限事項を追加しました。
  f)OS のアップグレードについての制限事項を追加しました。
  ・制限事項解除 特になし

 6)マニュアル改訂
  )管理者マニュアルの2.6の項番名称を「仮想デスクトップ対応」から「リモート環境対応」に変更いたしました。

 7)既知問題
  ・特になし

  ライセンス再発行手続きについて】
   以下の「申込書ファイル」をダウンロードしていただき、記入、押印の上
  以下へ送付をお願い致します。
  ライセンス再発行は、3営業日程度かかりますのでご了承ください。

   HGSEALED for Web使用許諾申込書(製品版) Word形式 約85キロバイト
   ※右クリック→対象をファイルに保存でダウンロードしてください。


   〒330-0851 埼玉県さいたま市大宮区櫛引町1丁目72-2
   TEL : 048-654-2143 / FAX : 048-654-2142

    (株)ハイパーギア ライセンス発行担当宛

 2.ご提供方法
  
ダウンロードページよりダウンロードしてください。



[お問合せ先]
(株)ハイパーセキュア サポート担当

TEL:03-5225-6513 / FAX:03-5225-6512

※お問い合わせ際には、お手数ですがお客様の会社名、ご担当者様名を
 お伝え頂きますようお願い致します。



 Copyright HyperSECURE, Inc. All Rights Reserved 個人情報保護ポリシーについて