HGSEALED for Webサポート情報

更新日:2015/08/11

 


HGSEALED for Web Ver.3.2.2.5リリースのご案内

■公開日

 2015年08月11日(火)

■バージョンアップ内容 (Ver.3.2.1.0以降の対応内容)

1.Ver.3.21.0からの変更点
 主な変更点は以下の通りとなります。

 1)重要
  
a) Ver.3.0.0.0より、旧製品であるHG/WEB Defenderとの
   互換性がなくなりました。
   上記変更により、HG/WEB Defenderライセンスおよび
   <Param>タグの使用ができなくなります。


   ※サーバの設定変更が必要な場合がありますので、
     既にご利用されているお客様は、ご利用前にご一読
     をお願い致します。

   ※HGSEALED for Web VFSをご利用の場合は、Ver.1.3.0
     へのアップデートが必要です。
   ※HG/WEB Defenderのライセンスの場合は、
     HGSEALED for Web用のライセンス発行が必要です。

 b) 64 ビット版のWindows では、HGSEALED for Web Ver3.1.0.0 以降を
   インストールした後に、InternetExplorer 10/11 にバージョンアップしますと
   必要なモジュールがインストールされずに、正常動作しなくなります。
   64 ビット版のWindows をご利用で、HGSEALED for Web Ver3.1.0.0 以降に
   上げる場合は、先にInternetExplorer 10/11 に上げてください。

   ※付属のインストールマニュアル内にあります「9. バージョンアップ方法」に
    ついて、ご一読をお願い致します。

 2)機能追加・変更
  a)アンインストール後のWindows再起動時にエラーが発生するため、アンインストール後
   Windowsの再起動を行わないようにしました。
  b)インストール時の、サービスの登録/開始順序を変更し、サービス登録失敗時のリトライも
    行うようにしました。
  c)NaviControl利用時に、モバイル接続でも動作するよう、ダウンロードしたNaviControl用
   ファイルをキャッシュするようにしました。
  d)サイレントインストールを実行するためのbatファイルを作成することで、シャット
   ダウンスクリプトにてインストールすることを可能にしました。
  e)Cisco Jabberのみキャプチャソフトを検出した場合は、保護ウインドウを
   グレー表示せずスクリーンショット画像のみをグレー表示、及びクリップボードの
   削除をするようにしました。


 3)問題修正
  a)Ver.3.2.2.1以降をインストールしたWindows XP にて、Internet Explorer にフォーカスが
   無い場合、[Print Screen]キーによる画面キャプチャの制御が動作を修正しました。
  b)DocuWorksへの貼り付け処理時に、DocuWorksが強制終了してしまうことが
   ある問題を修正しました。
  c)キャプチャソフトの検出メッセージが指定されていない保護ページを表示すると
   以前指定されていた検出メッセージが反映され続ける問題を修正しました。


  ライセンス再発行手続きについて】
   以下の「申込書ファイル」をダウンロードしていただき、記入、押印の上
  以下へ送付をお願い致します。
  ライセンス再発行は、3営業日程度かかりますのでご了承ください。

   HGSEALED for Web使用許諾申込書(製品版) Word形式 約85キロバイト
   ※右クリック→対象をファイルに保存でダウンロードしてください。


   〒330-0851 埼玉県さいたま市大宮区櫛引町1丁目72-2
   TEL : 048-654-2143 / FAX : 048-654-2142

    (株)ハイパーギア ライセンス発行担当宛

 2.ご提供方法
  
ダウンロードページよりダウンロードしてください。



[お問合せ先]
(株)ハイパーセキュア サポート担当

TEL:03-5225-6513 / FAX:03-5225-6512

※お問い合わせ際には、お手数ですがお客様の会社名、ご担当者様名を
 お伝え頂きますようお願い致します。



 Copyright HyperSECURE, Inc. All Rights Reserved 個人情報保護ポリシーについて